眼瞼下垂や目の下のたるみ、目は目立つ部位なので左右差があったり、たるんでいたりすると非常に気になりますよね。

あまりにひどい場合は美容整形を検討される方もいらっしゃると思いますが、目と言う部位は非常にデリケートですし、メスを入れる恐怖感があったり、美容整形の様々なデメリットが気になってできないという場合もあります。

そういう方は諦めるしかないのかというと、まだ手はあります。

眼瞼下垂や目の下のたるみに美容整形以外の方法は?

眼瞼下垂の治療や手術は難しい?

女性の目

眼瞼下垂はまぶたを持ち上げる筋肉が弱まり、目が開けづらくなるというものですが、治療は手術はなかなか難しいようです。

境先生:まぶたは非常に繊細で複雑な構造をしている部位であると同時に、目立つため、患者さんからすると、わずかな左右差でも気になります。そのため、眼瞼下垂の手術は、「目が十分に開くようにする」という機能面と、左右のバランスや二重の形など、外見上の面の両方で患者さんの満足を得るのが難しい治療だといえます。

しかも、まぶたは腫れやすいため、手術中や手術直後に結果や効果を判定することが難しくなります。また、手術自体は成功しても、眼瞼下垂の手術を行うと、眉毛を上げて目を開く必要がなくなります。術後は次第に眉毛の位置が下がり、余った皮膚が二重の線に覆いかぶさって、手術直後に比べて二重の幅は狭くなって行きます。そうすると目が手術直後より少し細くなり、後戻りをしたと感じる患者さんもいると思います。

引用:スキンケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/008654/

上記の内容をざっくりまとめると、眼瞼下垂の治療には

  • 機能面と美容面の両方で満足感を得ることが難しい
  • デリケートな部位である
  • 術後に眉毛の位置が下がる影響で目が細くなる

というデメリットがあるんですね。

あとは費用面ですね。
やはり保険がきかないというのは辛いです。

目の下のたるみ改善の美容整形のデメリットは?

医療器具

たるんだ皮膚の切除を行ったり、ヒアルロン酸注入などが美容整形で行われますが、これらにもデメリットが存在します。

 

例えば、下記のようなことです。

  • ダウンタイムが長い(数週間ほど)
  • 切除が足りないと効果が出にくい。逆に切除しすぎるとアッカンベーをしているようにまぶたの粘膜部分が露出する状態が長期間続くことがある
  • ヒアルロン酸を入れ過ぎると逆にたるみが悪化したように感じられたり、注入を繰り返さなければならなくなったりする。根本的な解決にはならない

参考記事:スキンケア大学 http://www.skincare-univ.com/article/009354/

 

こちらも同じく保険がきかないので、費用面が高額になります。

美容整形のデメリットが気になるならまずは化粧品を試してみるのも手

私自身、顔のコンプレックスでクリニックに話を聞きに行ったことがあるのですが、ダウンタイムが起こっている期間中に人と会いづらくなることや、高額な費用の割に必ず良くなるわけではないという点が気になりました。

首をかしげる女性

 

そこで私は、

  • 美容整形に比べて安価で済む
  • お肌に合わなかったとしても美容整形のように取り返しがつかない状態にはならないので安心できる

化粧品でまずケアしてみることにしました。

それでもダメだったら改めてクリニックにお願いするか考えればいいと思ったんですね。

 

で、私が見つけたのが物理的にシワを目立たなくする処方の「アビエルタ ディープモイストクリーム」という目元クリーム。

アビエルタディープモイストクリーム

お肌の引き締めやクリア感、弾力に必要な成分が入っており、お肌に優しい無添加(アルコール、石油系界面活性剤、合成色素、合成香料、鉱物油不使用)なのでデリケートな目元でも安心

 

聞きなれない成分ばかり入っているのですが、ディープモイストクリームの凄いところは、

  1. しわ、アイバック(目袋)、額、眉間のしわの評価、肌の明度、見た目年齢など14項目で臨床試験実施済み
  2. 効能評価試験の実施内容が医学誌に掲載された
  3. 物理的にシワを目立たなくする処方なので乾燥小じわだけでなくもっと深くなってしまった年齢じわにもOK

という点!

 

さぞお高いんだろうな~と思ったら、初回は7,560円→3,780円で購入できるお得な定期コースがあり、いつでも休止・解約可。60日間返金保証付きです。

気に入ったら2回目からは34%OFFの4,968円で続けることができます。思ったよりお高くないですし、むしろ手頃な価格でびっくりしました。

 

95.5%の皮膚科医が使い続けたいと回答したすごい目元クリーム、見た目年齢マイナス8歳目指してぜひお試しください。

▼公式サイトはこちら▼