「花粉皮膚炎」聞いたことありますか?文字からなんとなく想像できると思いますが、花粉が飛ぶ時期に起こる肌の炎症のことです。

春に肌荒れするなぁという方は読んでみてくださいね。

 

花粉皮膚炎とは?

肌荒れする女性

 

花粉皮膚炎とは、花粉に対して体がアレルギー反応を起こし、
目をこすったり鼻をかんだりといった摩擦行為によりお肌が炎症を起こしてしまうことです。

 

症状としては以下のようなことがあります。

  • 顔全体がかゆい
  • あごから首にかけてかゆい
  • 顔が乾燥して粉っぽくなる
  • 湿疹ができる
  • 顔が腫れぼったくなる
  • 化粧ノリが悪い

花粉皮膚炎の原因は?

花粉皮膚炎の原因は、お肌のバリア機能の低下です。

お肌のバリア機能が低下しているために、花粉に対してアレルギー反応を起こしやすくなっています。

 

特にスギ花粉の多い春は、

  • 紫外線量が増加してくる(9月と同等の量)
  • 気温差が激しい

といったように、お肌に負担が大きいため、
花粉皮膚炎を起こしやすい時期です。

また、乾燥肌、敏感肌、アトピー性皮膚炎の方は花粉皮膚炎になりやすいです。

花粉皮膚炎は化粧品で対策できる?

花粉皮膚炎の原因はお肌のバリア機能の低下だとお話ししました。

なので、対策としては保湿が基本になります。

基本的には化粧品で対策できますが、低刺激の物を使いましょう。

それ以外は、皮膚の再生を促進することでダメージを受けた肌の再生を早め、バリア機能を高めてくれるものが効果的です。

 

例えばプラセンタですが、プラセンタには成長因子が含まれているため皮膚の再生を促進してくれます。

また、プラセンタは炎症を抑える「抗炎症作用」や「抗アレルギー作用」もありますので、花粉皮膚炎でお肌がかゆい時にもいい成分です。

更に、NMF(天然保湿因子)の生成を促すことでお肌の保湿力を高めてくれます。

 

プラセンタはたくさんの化粧品に使われており、安全性も高く、
特に原液だと余計な成分が入っておらず、純粋にプラセンタだけをお肌に塗ることができるので花粉皮膚炎のようにお肌が敏感になっている時も使うことができます。

 

成分がシンプルなプラセンタ原液を表にまとめるとこんな感じです。

迷った時は、一番成分が少ない「サラブレッドプラセンタ原液」がおすすめです^^

プラセンタファインエクストレム サラブレッドプラセンタ原液 WHITE’stプラセンタエキス原液
成分
  • プラセンタエキス(馬)
  • エタノール
  • メチルパラベン
  • プロピルパラベン
  • プラセンタエキス(馬)
  • ペンチレングリコール
  • フェノキシエタノール
  • BG
  • プラセンタエキス(豚)
  • プロパンジオール
  • フェノキシエタノール
お試し価格 6,300円 2,700円 980円
通常価格 12,960円 8,100円 3,600円
口コミ

プラセンタファインエクストレムの口コミを見てみる

サラブレッドプラセンタ原液(Geneki)の口コミを見てみる

ホワイテストプラセンタエキス原液の口コミを見てみる