日本では豚や馬が主流で、羊プラセンタはあまり馴染みがありませんが、ヒトプラセンタに近い特徴を持っており、北米やヨーロッパで人気です。

今日はそんな羊プラセンタについて書きたいと思います。

 

羊プラセンタとは?

羊プラセンタが日本でメジャーでない理由

狂牛病以来、政府から制限がかかっているためです。

羊にはスクレイピーという伝染病があり、人間には感染しないものですが、狂牛病に似た病気のため万が一のことを考えて慎重なのです。

そのため、現在日本では食品や化粧品に使える羊の原産国がニュージーランド産など衛生的に育てられた羊に限られていて、流通量が少ないため、日本ではあまりメジャーではありません。

羊プラセンタの特徴と効果

羊

  • ヒトプラセンタと似ている
  • 羊は免疫力が高く、病気にかかりにくい動物
  • ニュージーランド産、スイス産の羊が利用されることが大半

 

羊プラセンタの最大の特徴は、人間のものと似ていることです。

  • 発疹・かゆみなどの免疫反応が起こりにくい
  • お肌に浸透しやすい
  • シミやシワなど肌への効果が出やすい

というメリットがあります。

 

馬もそうですが、羊も病気にかかりにくい動物です。
そのためワクチンや薬剤を投与されることがほぼなく、質が高く安全なプラセンタが得られます。

関連記事:馬プラセンタとは。特徴と効果まとめ。

 

日本で利用される羊プラセンタは雄大な敷地でストレスも少なく、良い飼料を食べて育った羊が使われるため、栄養も豊富で、馬プラセンタほどではありませんが良質なたんぱく質と、30種類のアミノ酸を持っています。

北米やヨーロッパで人気なわけが分かりますね。

 

【よく読まれている関連記事】