プラセンタのもつ美白効果とは

厚生労働省が認めた美白成分はいくつかあります。中でもビタミンC誘導体やアルブチン、トラネキサム酸が有名でしょうか。

プラセンタも厚生労働省が認めた美白成分で、メラニン色素に対して3つの働きをします。

プラセンタの美白効果1.メラニン色素の生成を抑制

美白成分はおおよそ以下の3つのどれかの働きをします。

 

  1. メラニン色素を作る指令を出す情報伝達物質の働きを抑える
  2. メラニン色素を作り出すチロシナーゼの働きを抑える
  3. チロシナーゼを減らす

 

「メラニンを作る司令塔の邪魔をする」か「メラニンを作る物の邪魔をする」か「メラニンを作る物を減らす」かということです。

 

プラセンタは「2」のチロシナーゼの働きを抑えることでメラニン色素が過剰に作られないよう働きます。

それから、プラセンタのもつ「抗炎症作用」や「活性酸素除去作用」にもメラニン色素の生成を抑える働きがあります。

プラセンタの美白効果2.メラニン色素の黒化を防止

メラニン色素の黒化とは、紫外線を浴びた皮膚が細胞を守るために黒くなることです。

日焼けで肌が黒くなるのも、シミができるのもメラニン色素が黒化するためです。(シミの場合はメラニンが過剰になっている状態です。)

 

日焼け

 

プラセンタのもつ活性酸素除去作用がメラニン色素が黒化することを防ぐ働きをします。

プラセンタの美白効果3.ターンオーバーによってメラニン色素を排出

シミができてしまうのはメラニン色素が肌に蓄積されてしまうためです。

本来ならメラニン色素はお肌の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)によって肌内部から外へ排出されていくため、シミにはならないのです。

ですが加齢や生活習慣など様々なことが原因でターンオーバーが遅くなったり、正常に働かないでいるとお肌がくすんだりシミができてしまいます。

 

ターンオーバー

 

プラセンタには細胞を活性化させる働きがあります。

細胞が活性化することでターンオーバーが正常化し、メラニンが排出することで今あるシミや未来のシミに働きかけます。

 

多くの美白成分はシミを予防することしかできませんが、プラセンタはできてしまったシミのケアもできる点が優れていると言えます。

 

また、シミ・くすみだけでなく、

  • シワ・弾力アップ
  • 保湿
  • 血行の促進、皮膚の再生促進

といった年齢肌のケアや保湿ケアもできる万能な成分といえます。

更に、サプリやドリンクで摂取すれば、ホルモンバランスの調節や自律神経調節など健康面にも期待ができます。

 

プラセンタによる美白ケアがおすすめの人は?

笑顔の女性

美白成分には色々ありますが、その中でもプラセンタで美白ケアをするのが向いている人は下記の様な方です。

 

  • しわ、たるみなど年齢肌も気になる
  • シミ以外にニキビなどの肌荒れや乾燥が気になる
  • ビタミンC誘導体だとお肌が乾燥する、ピリピリと刺激を感じる
  • ハイドロキノンは強力すぎて使うのが怖い
  • 原液や美容液で取り入れたい
  • 体の内側からもケアしたい

 

プラセンタはオールマイティーな成分ですので、肌悩みが複数ある時に特に向いているといえます。

また、ビタミンC誘導体など他の美白成分がお肌に合わなかった時にぜひ使って欲しい成分です。原液100%の物には余計な成分が入っていない物も結構ありますので、お肌が弱い方も使えるメリットがあります。

 

 

その他にも化粧品で外からケアするか、サプリやドリンクなどで体の内側からケアするかを選ぶことができ、選択肢が広く、あなたに合った方法で続けやすいこともメリットでしょう。

是非あなたに合った方法で素肌に自信が持てるようになってくださいね*

 

【おすすめ記事】

 

【参考URL】
資生堂シミ予防研究所:http://www.shiseido.co.jp/haku/laboratory/dictionary/40.html(参照日:2017/5/15)
スキンケア大学:http://www.skincare-univ.com/article/004627/(参照日:2017/5/15)
【参考書籍】
素肌美人になれる正しいスキンケア事典 高橋書店 P158~160